fbpx

【ウィスキー・ブランデー】ニューヨークの素晴らしい雰囲気のバー[北米の旅]

ニューヨークの旅
スポンサーリンク

こんにちはLioです。
実はニューヨーク在住中に友人の影響でウィスキーにハマっていました。
今回は、その中で特に素晴らしかったウィスキー・ブランデーが楽しめるバーを2つ紹介します。

ゆっくり、静かな大人な雰囲気のお店でお酒を楽しみたいという方におすすめです。

ウィスキー・ブランデーのバーは入りづらい?

ニューヨークの街を夜歩いていると至るところにバーやパブがあります。
普通のバーやパブは入口に人だかりができていて、どこでも気兼ねなく入ることが出来ます。

しかし、今回紹介するウィスキー・ブランデーを専門に扱っているバーはもしかしたら普通のバーよりも少し入りづらい雰囲気かもしれません。
でも実際は入りづらい雰囲気なだけで、入ってみたら普通のバーと変わりません!

多くのウィスキー・ブランデーバーの店内は静かで、落ち着いた雰囲気です。
また客層は普通のパブ・バーより年齢層が高く、みんなゆっくりお酒を楽しんで、飲んでいる感じです。

1人の時はカウンターに座ってゆっくりお酒と時間を楽しみ、友人と来た時はソファーに座りながらゆっくり歓談しながらお酒を楽しむ事ができます。

Copper & Oak

最初に紹介するバーはCopper & Oakです。

このバーはウィスキーを扱っている店なのに、比較的入りやすい雰囲気です。
店内の壁全体には世界中のウィスキー・ブランデーが置かれていて、その中から好きなウィスキー・ブランデーを選んで飲むことが出来ます。

店内はバー席かスタンディング席しかないので1人で行くのがおすすめです。
バーテンさんはとてもフレンドリーで、ウィスキーの事を尋ねると様々なトリビアを教えてくれます。
これから初めてウィスキーを飲みたい・勉強したい人にもおすすめです。

ウェブサイト:http://www.copperandoak.com/
住所(ロウアー・イースト・サイド):157 Allen St, New York 地図リンク

Brandy Library

次に紹介する店はBrandy Libraryです。

このお店はニューヨーク最大級のウィスキー・ブランデー専門バーです。
世界中のウィスキー・ブランデーが揃っていて普通に手に入らないようなお酒も飲むことが出来ます!

店内は少し暗く、とても落ち着いた雰囲気です。
もちろん大きな音で音楽などは流れておらず、会話を楽しめる空間です。

お客さんはWall Streetで働いている人が仕事帰りにスーツでよく飲みに来る場所との事です。そのため特にルールはないそうですが、Tシャツなどで行くと少しお店で浮いてしまうかもしれません。

店内はバーカウンターとテーブルがあるので、1人で飲みに行くのもいいですし、友人と行くのもおすすめです。

ウェブサイト:http://brandylibrary.com/
住所(トライベッカ):25 N Moore St New York 地図リンク

最後に…

大騒ぎするタイプのバーにちょっと疲れた人はもっとオトナな雰囲気のウィスキー・ブランデー・バーに行かれてみてはいかがでしょうか。

今回紹介したバーのバーテンさんは皆フレンドリーでとても知識豊富です。
もし、ウィスキーの事を知らなくても、どんな味の物が飲みたいかリクエストすると2−3本持ってきてテイスティングさせてくれます。その中から選んでもいいし、気に入らなければ他のウィスキーのテイスティングをお願いしても大丈夫です。

自分のお気に入りの味を見つけて、楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました