fbpx

【まさかの電車遅延でチケット代が全額返金!】イギリスの鉄道会社はどのような条件で返金されるのか[イギリスの旅]

イギリスの旅
スポンサーリンク

こんにちはLioです。
今回はお役立ち情報として鉄道会社の列車遅延の返金に関してご紹介いたします。

あまり知られていないマイナーな情報ですが、知っているとイギリスを列車で旅をする時に役に立つ事があるかもしれません。

そもそもイギリスの鉄道会社では遅延はよく発生するの?

よく日本の鉄道会社は時間通りに来て、世界最高のサービス水準だと言われています。

実際、イギリスの鉄道は近年急速にサービスの質を上げていますが、日本と比べるとまだまだ遅延がよく発生し、全体的なサービスの質はまだまだです。

しかし、そんな状況にもかかわらず、多くのイギリスの鉄道会社が列車遅延によるチケット代金の返金を行っています。
鉄道会社によっては15分以上の遅延から返金の手続きを行っている会社もあります。

遅延でチケット料金の一部または全額が返金される?

通常イギリスの鉄道会社では15分から30分列車が遅延した場合からチケット料金の一部が返金され、1時間以上遅延すると多くの鉄道会社がチケットの全額返金に応じているようです。

National Railのサイトに各鉄道会社の列車遅延返金ページへのリンク集があるので、リンク先よりご確認ください。
*リンク先の各鉄道会社のロゴをクリックするとそれぞれの返金ページに飛ぶ設定になっています。

例えばイギリス観光で人気の高い寝台列車Caledonian Sleeperでは下記の通り定められています。

30分から59分の遅延
50%のチケット料金(片道きっぷ)
25%のチケット料金(往復きっぷ)

60分以上の遅延
100%のチケット料金(片道きっぷ)
50%のチケット料金(往復きっぷ)

120分以上の遅延
100%のチケット料金(片道きっぷ)
100%のチケット料金(往復きっぷ)

驚くことに1時間以上遅延すると片道きっぷ全額返金。
2時間以上遅延すると往復きっぷ全額返金です。
特に往復きっぷは仮に「往路」で電車が2時間以上遅延し、「復路」で電車が時間通りでも全額返金されるということです。

*条件に関しては鉄道会社により予告なく変わっている場合があるので、申込みの時はかならず再度ご確認ください。

例えば、日本では特急利用+2時間以上の遅延で特急券料金のみが返金(運賃は払い戻し対象ではない)されます。
イギリスでは特急・寝台列車などに限定されず、基本全ての列車に適用されるため、いかにこの返金条件が良いかわかると思います。

どのような状況だと返金されるのか?

リンク先の鉄道会社のサイトをで条件を確認すると「15分(または30分)以上遅延した場合は返金される可能性がある」とのみ言及されています。
*あらかじめ予定されていた工事などによる遅延・サービスの変更は除く

さらに詳しく確認すると上記のような予め予定されていた工事などの遅延などを除くと基本どのような遅延でも返金対象となるようです。

実際私がGreat Western Railway(GWR)に乗った時は人身事故で2時間以上遅延しましたが、全額返金されました。
しかも、この事故の時は電車が止まった駅から最寄りの乗り換え駅までタクシーが無料で手配され、結局最終到着駅には2時間以上遅れましたが無事到着することが出来ました!

鉄道会社原因の遅延(車両故障、オペレーションによる遅延)はもちろん、上記のような鉄道会社が原因ではない事故などの遅延の場合でも返金の対象になります。

返金申し込み方法

通常、返金の申込みはチケット窓口では行っていません。
各鉄道会社のサイトから返金申込書(Delay Repay Passnger Claim Form)をダウンロード・プリントアウトして直接手紙で鉄道会社に送るか、オンライン上の返金申込書(Delay Repay Passnger Claim Form)をサイト上で申し込む方法があります。
*一部の鉄道会社は直接手紙で送る方法しか採用していないので、サイトをご確認ください。

ちなみGWRはオンライン申し込みと手紙申し込みの2つの方法があり、私はオンラインから申し込みをしました。
*オンラインから申し込む場合はGWRのアカウント情報が必要です。
しかし、オンラインでチケットを購入した時にアカウントを作成していたので、そのアカウントをそのまま使用しました。

また返金の手続きには名前、住所、列車情報(到着予定時間と実際に到着した時間)などの基本的な情報に加え、遅延した列車のチケットとクレジットカード情報(もし窓口でクレジットカードを使用して購入したりオンラインでチケットを購入した場合)の情報が必要となります。
必ず列車のチケットは捨てずに取っておき、購入時のレシートも取っておき、どのクレジットカードで購入したわかるようにしておいてください。

また、返金方法は通常下記の3つとなっています。
– National Rail Vouchers(ナショナルレールのバウチャー)
– Card Payment(購入したクレジットカードへ直接返金)
– Payment to Bank Account(銀行口座振込)

例:Caledonian Sleeperの返金申込書

多くの鉄道会社でこの申込書を遅延発生時から28日以内に申し込まないと無効になるのでご注意ください。

返金申込書(Delay Repay Passnger Claim Form)提出後は

返金申込書(Delay Repay Passnger Claim Form)をオンラインで提出してからは、受諾、レビュー開始、レビュー結果、返金完了のタイミングでメールが送られてきて、ストレスなく返金プロセスを完了することができました。

結局入金されるまで3週間ぐらいかかりましたが、トラブルもなく迅速にプロセスが進んだため非常に満足しています!
まさかこんなにサクサクとプロセスが進むと思っていなかったので大変驚きました笑

最後に

いかがだったでしょうか。

今回イギリスの鉄道が遅延した場合の返金申込みに関してご紹介しました。

特にCaledonian SleeperやNight Rivieraは人気チケットで、シーズンによってはかなり高額になるので、もし電車が遅延した場合は返金に申し込んでみると良いかもしれません。
しかも、遅延でイライラしていてもチケット代金が返金されるとわかっていると、むしろちょっと得した気分になるかもしれません笑

タイトルとURLをコピーしました